年中 親子海洋学習(江の浦)

令和2年度 9月25日

投稿者 yagami 2020年9月25日

Image description

Image description

今回の年中海洋学習は「海に親しみ、生き物に触れる活動を通して生き物が生活していることを知る。」というねらいのもと、江の浦で磯遊びを行いました。

昨日、祐介先生と事前学習を行った子どもたちは、祐介先生が準備してくれた水槽の中身を見て「クラゲだ!」とびっくり!しかし、よく見るとそれはビニール袋でした。祐介先生から「お魚さんたちが、これを食べてしまったらどうなるかな?」との問いかけに、子どもたちからは「死んでしまう。」「お魚さんかわいそう。」という声が。ビニール袋がクラゲに見えてしまうこと、そのビニール袋を間違って食べてしまう生き物がいることを知り、生き物が生活する海を大切にしようとお約束をしました。

事前学習もバッチリな子どもたちは、今日の活動にやる気満々!お家の人に「カニがいっぱいいるよ。」「お母さん見てみて!」と石をひっくり返したり、潮だまりに入り全身濡れながらも生き物を手に取り、親子で楽しく活動を行うことが出来ました。見つけた後はお友だちと見せ合い「また遊ぼうね!」とやさしく海に返してあげました。

今回の活動を通して、これまで以上に生き物とお友だちになり、海にもたくさんの生き物が生活していることを学びました。これからも、お約束を忘れずに生き物とたくさん触れ合っていきます。