年長組第5回海洋学習

令和2年10月16日(金)

投稿者 yagami 2020年10月16日

 Image description

 今回の活動は、ペンギン水族館の職員の方が、生き物を取り巻く『環境問題』について学習しました。ゴミに絡まってしまったスナメリの映像を見たり、アイスの袋を誤って食べてしまうウミガメの話やマイクロプラスチックについての話を職員の方から聞いた子どもたち。海に住んでいる生き物が元気に生きていくためには様々な困難があり、その困難なことの一つに、人間が出しているゴミが大きく関わっていることを知りました。また、ペンギン水族館の職員の方より、水族館に置いてあるウミガメの剥製を見せていただき、その大きさを実感した子どもたちは、海の生き物のためにもゴミは捨ててはいけないこと、海を汚してはいけないということをさらに強く感じたようでした。地球の現状を知り、様々な生き物たちと共に生きていくために、自分たちに出来ることは何かを真剣に考えていくことの一つとして、次回は、江の浦海岸の清掃を行います。