年長組:親子海洋学習

平成30年2月20日(火)

投稿者 yagami 2018年2月20日

Image description

 

今回は年長組海洋学習最後の締めくくりとなる親子海洋学習でした。子どもたちは年少・年中組から今まで、海や川の存在を知り、そこには生き物たちが暮らしていることや、自分たち人間と深い関わりがあるということを学んできました。また、生き物に実際に触れ、その生態を知りながら大好きになり、生き物の命の大切さや自分たちが食べている魚を大切に育ててくださっている方々がいることも知りました。

「調理実習を通して生命をいただくことへの感謝の気持ちを高める」というねらいのもと、今までお世話になっている里様の養殖いけすで大切に育てられたマダイを使っての調理を行いました。

稚魚のときからえさやりをして、大きく成長することを見届けたマダイ。元気よく泳いでいたマダイを調理して食することは、決して当たり前のことではないこと、自分たちが生きるために大切な命をいただくことの大切さを、祐介先生から話していただきました。その後、魚一匹の命の重みを感じながらお家の方と一緒につみれ汁を作り上げた子どもたち。「ごちそうさま!」の大きな食後の挨拶から、子どもたちの心に命をいただいて自分たちが生かされていることへの感謝の気持ちが育っているように感じました。

これらの海洋学習での学びから、これからも生き物や周りの人自分の命を大切にし、自分たちが自然界の生き物を守るためにできることを進んで行っていってくれることを願っています。

  保護者の皆様のご理解とご協力本当にありがとうございました。